借金返済方法は色々あるけど・・・

借金返済の方法というのは何も一つだけではありません。
しかし、利息の支払いも厳しくなっている時に取るべき方法は少ないと言えます。

 

なぜなら、すでに利息の支払いも厳しいという状況ではあなたが返済できる
借金の許容範囲を超えてしまっている可能性が高く、自転車操業になりかねないからです。
このような状態に陥っている場合、空いた時間でアルバイトをして収入を増やそうとか、
無駄な支出を見直して節約をしようと考えて実践しても一時的に借金から逃れることができても
根本的な借金返済には繋がりにくいのではないでしょうか?

 

もちろん、このような方法で借金返済を続けていけるのであれば一番いいでしょう。
しかし、当サイトをご覧になっている方の多くはすでに借金返済が厳しい・できないと
感じている方が多いと思いますのでそういった場合の借金返済方法をご紹介しましょう。

 

その借金返済方法というのが債務整理です。
債務整理というのは法的な手続きをすることで現在の借金を減らすことができるという方法です。
場合によっては借金そのものを帳消しにすることさえできるのです。

 

債務整理には大まかに分けて「過払い金請求・任意整理・特定調停・個人再生・自己破産」という
5つの方法があってそれぞれにメリットやデメリットなどの特徴があります。
ですので当サイトでは借金返済方法としてこの債務整理について細かく紹介していきましょう。

 

まずは、債務整理によって今の借金をどれぐらい減らすことができるのか、
それをシミュレーションしてみてはいかがでしょうか?

 

シミュレーションの結果を見るだけでも借金返済へのモチベーションが上がるでしょう。
下記の街角法律相談所の無料シミュレーションは匿名でも利用することができるので安心です。

 

>>>街角法律相談所の借金減額シミュレーター<<<

債務整理による借金返済方法その@過払い金請求

過払い金請求というのは過去に遡って支払い過ぎていた利息を返還してもらうという方法です。
その支払い過ぎていた利息が手元に戻ってくれば現在の借金返済に充てることができます。
過払い金請求は基本的な手続きでその他の債務整理の方法を取るにしても
まずは過払い金があるかないかを調べてあれば過払い金請求が行われます。
現在借金返済中の方も、すでに完済した方でも行うことができる方法です。
過払い金が発生しているかどうかは引き直し計算をすることで具体的な金額がわかります。
借金返済の期間が長ければ長いほど過払い金が多くなる可能性があり、借金の金額が
多ければ多いほどこちらも過払い金が多くなる可能性があります。
ですので、支払い過ぎた利息と言っても積もり積もっていればかなりの金額になります。

債務整理による借金返済方法そのA任意整理

任意整理というのは債権者と任意に交渉を進めていく借金返済方法ですので、
裁判所を通さずにできるということで比較的手続きが簡単な方法になります。
債権者との交渉によって将来利息をカット、もしくは現在よりも利息を低くして
支払いを行うということが可能になります。
債務整理の中ではもっとも利用する人が多い借金返済方法でもあります。
過払い金が発生している場合は将来利息だけではなく借金そのものを減らすことも可能です。
債権者を選択することができるので自動車ローンや住宅ローンなどの債権者を
対象から外すことによって財産を残すことが可能です。

債務整理による借金返済方法そのB特定調停

特定調停というのは簡易裁判所を通して行われる手続きで債務者と債権者の間を
簡易裁判所が仲裁して、将来利息などの返済条件を軽くするという借金返済方法です。
特定調停のメリットは任意整理とそこまで違いはありません。
また、裁判所を通して行う手続きになるため任意整理に比べると手続きが煩雑である、
過払い金請求ができなくなる、調停が成立しないなどのデメリットがあります。

債務整理による借金返済方法そのC個人再生

個人再生も裁判所を通して行う借金返済方法の一つです。
個人再生の特徴としては、借金を大幅に減らす(最大9割)ことができるという点と
持ち家を残したまま行うことができるという点があります。
任意整理に比べると、借金を減らすことができる金額は多く、自己破産とは違って
持ち家を残して行うことができるという点からこの二つの手続きの中間にあたる借金返済方法です。
裁判所に3年間での借金返済計画を提出し、その計画通りに借金返済を開始していきます。

債務整理による借金返済方法そのD自己破産

自己破産は現在の借金を全て帳消しにできる借金返済の最終手段とも言える方法です。
債務整理の手続きの中でも借金の減額という点だけでみれば最もメリットがありますが、
財産を処分する必要があるという点や、資格制限がある点など最も手続きを行うことによる
デメリットも多い手続きとも言えます。

以上の5つが債務整理による借金返済方法です。
それぞれにメリットとデメリットというものがあるのでどの方法を取るのが自分にとって
最もいい方法なのか、というのは個人の借金状況や収入によって変わってきます。

 

しかし、借金返済ができない、利息の支払いが厳しいと追い詰められている状況でも
このような借金返済の方法があるので決して諦めないでくださいね。
まずは債務整理によっていくら借金を減らすことができるのかシミュレーションしてみましょう!

 

>>>匿名で利用可能な借金減額シミュレーターはコチラ<<<

更新履歴